ボトックスでエラの改善【動きを抑えて細くする効果】

女性

痛さが少なく安全

注射

小顔になるのに骨を削る必要のない施術法にボトックスエラ注射があります。ボトックエラ注射を行うなら、厚生労働省の認可を受けた安全な薬剤を使用した信頼できる美容外科で行うことです。施術は顔の筋肉や構造を知りつくした医師に行ってもらうことです。

メスを使わず小顔に

女の人

エラが目立ってか顔が大きく見えるという悩みを持つ人はボトックスによる小顔治療にも注目してみましょう。注射だけで良いので体への負担も少なく効果もゆっくりと現れてきます。メスを使わないので体への負担も少なく大きな傷が残る心配もありません。

コンプレックスは解消

カウンセリング

ボトックスエラで興味があるという人はどんな方法なのか、本当にエラが目立たなくなるのか、小顔になるのか知りたいことはたくさんあるでしょう。美容外科クリニックのウェブサイトにも詳細が掲載されているので参考にしてみるとよいでしょう。

治療方法を適切にするには

顔を触る人

エラをなくしたいとき、負担も少なくカウンセリングを受けた当日に施術もできるボトックス注射は、とても手軽で受けやすい治療方法です。リスクやその仕組みをよく知り、クリニックを選ぶときは説明を丁寧にしてくれる医師のところにしましょう。

どの様な流になっているか

カウンセリング

ボトックスエラ治療は施術を受ける前にカウンセリングが行われ、それによってどの方法が最も適しているかを判断します。施術自体はボツリヌス菌が作る成分を注射するので菌に感染する心配はなく、傷跡も目立たない治療法となっています。

美容効果や医療効果にも

顔を触る人

使い方のコツや利用方法

エラが張っているのは骨格のせいや生まれつきというだけではありません。エラが張っている原因は噛むときに使われる咬筋の発達が主な理由です。硬いものをよく噛む人や歯を食いしばる人や寝ているときに歯ぎしりをしている人など、生活習慣やクセで意識をしていなくても咬筋が鍛えられてしまいます。咬筋が鍛えられているためにエラが発達している場合にはボトックスを注射するだけで、小顔効果に期待することができます。注射に使われるボトックスは、筋肉を取り除くものではなく休ませる効果があります。筋肉には動かさないと徐々に細く痩せていく性質を利用して小顔効果を発揮させていきますが、噛むことに問題がない程度に咬筋の発達を止めることができます。ボトックス注射は一度でも効果を発揮しますが、4〜6か月ほどに1回の頻度で頻度を繰り返すと咬筋の働きを弱めたままボトックスの持続をすることができます。徐々に持続効果が長くなるため、時間が経ってボトックスの効果が弱まっても小顔の状態を維持することができます。ボトックスは、エラの発達に関わる咬筋の働きを抑えて小顔効果に期待することができます。手術の必要がないため手軽な施術法として人気があります。ボトックスはエラへの効果だけでなく、シワ取りなどにも効果があると注目されていますが、アメリカの製薬会社が開発した商品名です。目や顔のマヒなどの治療に使われる医薬品でしたが、シワ取りにも効果があることが判明したためアンチエイジングに利用されるようになりました。ふくらはぎの筋肉に注入して動きを抑えて細くする効果や、ワキの下や手のひらに注入して汗の分泌を抑える多汗症にも利用されています。アメリカで認可を受けているボトックスを使うと不純物が少なく、安全な高品質で安心です。メスを使わないためダウンタイムまでの時間が短く、副作用もほとんどないため安心です。ボトックスを使うときには、シワ取りなどの美容目的では保険適用されませんが、医療目的や多汗症の場合に使われるときには保険適用されます。最近は注射だけでなく塗るボトックスというアイテムも登場しています。